漢検

漢検

めざせ漢検準2級 #47

準二級のテキストも、残すところ「総まとめ」だけになりました。 書き 悠長(ゆうちょう) 老練(ろうれん):「錬」ではなく「練」なので注意。 折衷(せっちゅう) 四字熟語 普遍妥当(ふへんだとう):どんなものにも、どんなときにも適切に当ては...
漢検

めざせ漢検準2級 #46

書き ◎面(おもて):物の表面。外面。「池の面」 ★「踊る」と「躍る」 ・踊る:dance。リズムに乗っておどる。 ・躍る:jump。跳び跳ねる。 部首 累:糸 戻:戸 戶 (と・とだれ・とかんむり・とびらのと) 二字熟語 ◎天倫(てんり...
漢検

めざせ漢検準2級 #45

書き ◎虜囚(りょしゅう):とらわれた人。とりこ。捕虜。 熟語の構成 酪農:ウ。「酪」は牛や羊の乳のことをあらわすので、「酪」の「農業」だから。 部首 竜:竜 四字熟語 ◎人跡未踏(じんぜきみとう):まだ人が足を踏み入れていない土地 ◎論...
漢検

めざせ漢検準2級 #44

書き ◎雄志(ゆうし):雄々しいこころざし。雄心。 癒着(ゆちゃく) 猶予(ゆうよ):「余」じゃなく「予」 観葉植物(かんようしょくぶつ):「葉を観る植物」と覚える。 部首 唯:口 融:虫 窯:穴かんむり。れんがじゃない。 四字熟語 ◎唯...
漢検

めざせ漢検準2級 #43

読み ◎出帆(しゅっぱん):船が港を出ること。ふなで。出港。 書き ◎妄執(もうしゅう):悟りきれず、心の迷いによってあくまで離さないでいる執念。妄念。 「―に取りつかれる」 執念=妄執=妄念 散漫(さんまん):「慢」か「漫」か紛らわしい...
漢検

めざせ漢検準2級 #42

書き 侮辱(ぶじょく):「屈辱」と勘違いしない。 ◎質朴(しつぼく):飾りけがなく純真・素直なこと。 打撲(だぼく):「撲」なので注意。 ◎奉職(ほうしょく):公の職務につく、またはついていること。 部首 奔:大 麻:麻 磨:石 摩:手 ...
漢検

めざせ漢検準2級 #41

今回は2回分かつ難しい問題が多かったので、大量です。 読み 減俸(げんぽう):「ぼう」じゃなくて「ぽう」 ◎土塀(どべい):「へい」じゃなくて「べい」 ◎全幅(ぜんぷく):あらん限りすべて。「ふ」じゃなくて「ぷ」 書き 陶酔(とうすい):...
未分類

めざせ漢検準2級 #40

書き ◎義憤(ぎふん):道にはずれたことに対して発するいかり。 部首 丙:一 幣:巾 二字熟語 ◎憤激(ふんげき):激しくいきどおること。怒りを爆発させること。激憤。 ◎憤然(ふんぜん):急に激しく怒るさま。 ◎暮春(ぼしゅん):春のおわ...
漢検

めざせ漢検準2級 #39

読み ◎帆柱(ほばしら):帆船の、帆を張る柱。更に一般に、船のマスト。 書き ◎罷業(ひぎょう):わざと仕事を休むこと。ストライキ。同盟罷業。 ◎年譜(ねんぷ):ある個人一代の履歴またはある事件の経過を、年月の順に記した記録。 補修(ほし...
漢検

めざせ漢検準2級 #38

読み ◎妃殿下(ひでんか):皇族の妃を敬っていう語。王妃。 ◎柔肌(やわはだ):(女性の)柔らかいはだ。 ◎衣鉢(いはつ):師の僧から弟子(でし)に伝える衣(ころも)と食器。転じて、仏教の奥義。また広く、芸術などの、師から伝えられるその道...
漢検

めざせ漢検準2級 #37

書き 廃止(はいし):「廃」は疒(やまいだれ)ではなく广(まだれ) なので注意。 停泊(ていはく):「舶」ではなく「泊」なので間違えないこと。 四字熟語 ◎比翼連理(ひよくれんり):夫婦・男女間の情愛の、深く仲むつまじいこと ◎是非曲直(...
漢検

めざせ漢検準2級 #36

読み ◎手折る(たおる):花や枝などを、手で折り取る。比喩的に、女を自分のものにする。 ★「手」を「た」と読むことがある!! ◎手向ける(たむける):神仏や死者の霊に供物をささげる。 手綱(たずな) 下手(へた) 書き 結構(けっこう):...
漢検

めざせ漢検準2級 #35

昨日は会社の送別会で酔っぱらってブログ更新できませんでした。 書き 喪失(そうしつ):左下のはらいは無い。とりあえず以下くらいは覚えておく。 ★はらいが無いグループ 長 喪 展 畏 辰 ★はらいがあるグループ 衣 衷 哀 譲 製   堕落...
漢検

めざせ漢検準2級 #34

10月の漢検の試験日が、仕事で受ける資格試験の受験日とモロ被りしていました…ショック。 準2級/2級の受験は2月になります。 なお、娘の10級受験は予定通り10月予定です。 読み ◎洞ヶ峠を決め込む(ほらがとうげをきめこむ):両者を比べて...
漢検

めざせ漢検準2級 #33

読み ◎透徹(とうてつ):すきとおること。澄んで濁りのないこと。筋が通っていてすみずみまではっきりしていること。 「―した論理」 書き 安泰(あんたい):「泰」を間違えない 部首 貞:貝(かい) 二字熟語 ◎逓減(ていげん)/逓増(ていぞ...
漢検

めざせ漢検準2級 #32

書き 亭主(ていしゅ):もともとは「家の主人。あるじ。」という意味で、夫の意味は後付け。「宿の亭主」などと使う。 部首 亭:なべぶた 呈:口 廷:廴 (えんにょう・いんにょう) 二字熟語 ◎緒戦(しょせん):戦争が始まったばかりのころの戦...